東京アンテナ工事株式会社 デジネット
公衆無線LAN
学校無線LAN
無料ワイファイアパート
電波障害調査
街頭防犯カメラ
ドローン
サイトマップ
 

ドローン:東京アンテナ工事株式会社

葛飾区立中学校全校(24校+総合教育センター)の無線LAN工事を東京アンテナ工事(株)が受注しました。

プロポーザル方式(高度技術提案型競争入札)により最優秀提案者となりました。 学校無線LAN

柴又帝釈天参道と寅さん記念館の公衆無線LAN(フリーワイファイ)を東京アンテナ工事鰍ェ施工しました。

公衆無線LAN

一部上場建設会社様の新築集合住宅に導入しました。

無料ワイファイ賃貸住宅がご好評を頂いております。
オーナー様、建設会社様、誠にありがとうございます。
新築・既築の両方の「空室対策」にご採用頂いております。 今後ともよろしくお願い申し上げます。

無料ワイファイ賃貸住宅

弊社社長がラジオに出演しました。

Dig Dug Sunday(ベイエフエム)に東京アンテナ工事株式会社の三矢社長が出演しました。2016.12.18
録音音声も公開中です。

【ラジオ出演】リスナープレゼントとして「特大カレンダー2017」をご提供いたしました。 (東京スカイツリーファンクラブ記事)

弊社社長がテレビに出演しました。

東京クラッソ!(MXテレビ)に東京アンテナ工事株式会社の三矢社長が出演しました。
都政広報放送ですので、東京都チャンネル(ユーチューブ)で動画が開始されました。是非、ご覧ください。

東京クラッソ!(MXテレビ)の東京タワーVS東京スカイツリーに出演しました。(東京スカイツリーファンクラブ記事)

弊社社長が日本経済新聞に掲載されました。

日本経済新聞に東京アンテナ工事株式会社の三矢社長が掲載されました。
「アンテナ工事のプロ」としてご紹介いただいております。

日本経済新聞2016年4月23日号に東京アンテナ工事株式会社の三矢社長が掲載されました。(東京スカイツリーファンクラブ記事)



自治体様からのご相談をお待ちしております。

ドローン:東京アンテナ工事株式会社


無線技術の東京アンテナ工事株式会社

ドローンを活用した新技術のご提案を開始しています。
弊社のドローン活用は多岐に渡ります。既存事業である無線LAN、ワイファイはもちろんテレビ電波障害調査等の調査業務にも 活用が可能です。


ドローンも、東京アンテナ工事なら安心!!

お問い合わせをお待ちしております。
弊社営業担当でご対応させていただきます。よろしくお願い申し上げます。

ドローン問い合わせメール(HTTPS)

東京アンテナ工事株式会社
住所:東京都葛飾区東新小岩5-19-2
電話:03-3691-8111

会社概要


ドローンも無線技術で飛行しています。

ロボットにおける電波利用の高度化に係る技術的条件
使用周波数帯:2.4GHz帯及び5.7GHz帯(メイン回線用周波数)。主に高画質で長距離の映像伝送用の周波数を拡大。 上空利用で5km程度の通信距離を確保し、例えば、人が立ち入れない火山の噴火現場の映像をドローンによりリアルタイムで 取得するなどが可能となる。(総務省発表資料より抜粋)


FPVとテレコン
FPV(First Person View:一人称視点)とは、無人航空機(UAV:Unmanned aerial vehicle,drone)に取り付けたカメラの 映像をヘッドマウントのFPVゴーグルなどで見ながら操縦すること。ドローンパイロットはあたかも自分がドローンに 乗っているかのような映像を見ながら操縦できる。現在は、「完全目視」ではないことや海外製の電波法違反 機種の増加などの問題が指摘されている。しかしながら今後テレコントロール(テレコン:電話による遠隔操作のこと。 リモコン、ラジコンなど遠隔操作の仕組みは同じだが、伝送路によって名称が異なります。)などを使用できるようになると 例えば、東京の事務所にいるパイロットが沖縄の海岸にあるドローンを操縦するということも可能になる。 (上図は、総務省発表資料より抜粋。コメントは弊社作成。)


【参考】免許を要しない無線局の分類と主な用途等
ドローン規制など規制を強めてしまうと国際競争力が弱くなるのと同様に、新しい技術のために古い技術の周波数を 見直すことは重要。また申請のルールを簡素化することも技術発展のスピードアップには大切。無線技術は八木式 アンテナのように軍事的利用を目的に開発され、進歩するのが世界的な傾向だが、日本では東日本大震災、福島原発事故 など災害を機に防災・再発防止といった目的で急速に進歩している。平和的利用の視点で開発が行われることで、 他国には真似できない技術が生まれることを期待。(上図は、総務省発表資料より抜粋。コメントは弊社作成。)


周波数割当計画の一部を変更する告示案について
ロボットにおける電波利用の高度化に向けて、使用可能な周波数を拡大。
(1)2.4GHz帯及び5.7GHz帯(メイン回線用周波数):主に高画質で長距離の映像伝送用の周波数を拡大。 上空利用で5km程度の通信距離を確保し、例えば、人が立ち入れない火山の噴火現場の映像をドローンによりリアルタイムで 取得するなどが可能となる。
(2)169MHz帯(バックアップ回線用周波数):バックアップ用周波数(必要最小限の操縦コマンドや画像(例えば フレームレートを落とした白黒画像)等を伝送)を拡大。これにより、メインの大容量回線が通信不能になった場合でも、 復旧のための最小限の操作が可能となる。
(3)70MHz帯(ラジコン操縦用周波数):従来より農薬散布用ラジコンヘリ等の操縦周波数として使用されてきた 70MHz帯を増波し、需要増に対応。

(総務省発表資料より抜粋)


ドローン・ライセンスを取得

三矢慶三会長がドローン・ライセンスを取得しました。
東京アンテナ工事株式会社の創業者、三矢慶三会長がドローンライセンスを取得し、ドローン・パイロットとなりました。


テレビに出演

再び、三矢慶三会長がNHKニュースに出演しました。
2016年5月18日のNHK首都圏ニュースでも、三矢会長の受講の様子が詳しく取り上げられました。

三矢慶三会長がNHKニュースに出演しました。
東京アンテナ工事株式会社の創業者、三矢慶三会長がドローン養成スクールの第1期生として受講している様子が2016年5月16日のNHK首都圏ニュースで紹介されました。

続編・また日本最年長のドローン・パイロットを目指す三矢慶三会長がNHKニュースに出ました。(2016.5.18東京スカイツリーファンクラブ記事)

日本最年長のドローン・パイロットを目指す三矢慶三会長がNHKニュースに出ました。(2016.5.16東京スカイツリーファンクラブ記事)


DJI社のInspire

DJI社のInspire

DJI社のInspire


ドローン情報

>
航空法改正2015.12.10
航空法が改正され、2015年12月10日に、無人航空機(UAV:Unmanned aerial vehicle,drone)を飛行させる際の飛行ルールが施行されました。国土交通省



上図は総務省資料より
ドローン用に周波数帯を割り当て 総務省令を改正へ
総務省は19日、ドローンの操作用に電波の周波数帯を割り当てることを決めた。2.4ギガヘルツ帯と5.7ギガヘルツ帯で、利用者には免許の取得も義務づける。
夏までに関連する省令を改正する。いまは免許のいらない無線LANの周波数帯を使うため、電波の出力制限が厳しく、数百メートルほどしか飛ばせない。
新たに割り当てる周波数帯では、5キロほど離れても操縦や画像データの送信ができるようになる。橋などインフラの点検や、火山の調査など災害分野への活用を促す。
朝日新聞デジタル2016.1.19


自動運転にドローン… 近未来技術実験、特区で規制緩和 外国人受け入れ拡大
政府は10日、国家戦略特区で自動運転や小型無人機ドローンといった「近未来技術」の実験を少ない制約で可能にする制度創設を柱とした特区法改正案を閣議決定した。 人手不足に対応し、外国人の受け入れも一定の条件の下で拡大する。今国会に提出して早期の成立を目指す。
法改正後、現在指定されている特区や今後追加される特区がそれぞれ事業計画を策定し、政府の認定を受ければ新たな規制緩和策を活用できる。
技術実験の促進を狙う新制度は「サンドボックス制度」と呼ばれる。規制を緩和したり関連手続きを省略したりして「第4次産業革命」の実現に向け、事業者が研究や開発を進めやすい環境を整える。
Sankei Biz2017.3.11



上図は国土交通省資料より
地方航空局へ無人航空機の申請窓口の移管について
平成29年4月1日より、無人航空機の許可・承認の申請先が国土交通省本省から地方航空局になります。
Q&A集(国土交通省)


FPV

FPV動画
Drone Racing Dreams | The New York Times(ユーチューブ動画)


小型機200g以上

DJI社のMavic(小型機)743g


GOPRO社のKarma(小型機)1006g


無人航空機とラジコンの違いについて

200g以下
構造上人が乗ることができない機器であって、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるものを指しますが、 重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計) 200g 未満のものについては、「無人航空機」には該当しません。
Q&A集(国土交通省)

トイドローンの可能性
トイ(toy)とは子供用のおもちゃのことですが、我が国ではセルロイド人形、ブリキの自動車など日本固有のきめ細やかな技術により国際競争に打ち勝って来た歴史があり、 その後、おもちゃではありませんが、小型化を目指した国産自動車が我が国の基幹産業に成長し、さらにソニーのウォークマン、ニンテンドーのファミコンなどが世界を席捲する アイディアを生み出しています。
すでにドローン市場では200グラムを超える「高性能機器」の分野においては他国にリードされている厳しい状況でありますが、「重厚」に対抗する「軽薄」分野においては まだまだ参入の可能性が十分に残っていると考えられます。特に飛行分野においては、機体の軽量化の素材の開発やレーダー、GPSなどの探知系、飛行時間を延ばす電池の長寿命化、 カメラの高精度化、広角化、センサーによる墜落防止対策など、小さな機体に大きな期待が寄せられており、「200g以下の機体に多数のテクノロジーを搭載した低価格・高性能のメイド イン ジャパン」 の登場が待たれています。


資料など

モールス符号
ウィキペディア


ドローン以外にワイファイ(無線LAN)電波調査も行っています。

ワイファイサイトサーベイ:無線LAN電波調査


無線LANの公共工事も受注している通信工事業者です。
公立中学校の無線LAN工事(24校+教育センター)や柴又帝釈天の葛飾フリーワイファイの工事を行っています。 フルークなどの測定機材や電波測定車などを自社保有しています。

ワイファイサイトサーベイ:無線LAN電波調査:東京アンテナ工事株式会社


弊社の技術を認めていただき、感謝です。

葛飾区立中学校全校(24校+総合教育センター)の無線LAN工事を東京アンテナ工事(株)がプロポーザル方式(高度技術提案型競争入札)により最優秀提案者となり受注しました。

東京アンテナ工事株式会社が葛飾区立中学校全校の無線LAN工事を受注(2016.7.31記事)
関連ページ:学校無線LAN:東京アンテナ工事株式会社


電柱にAPを取り付ける、屋外LAN配線する。

柴又帝釈天参道と寅さん記念館の公衆無線LAN(フリーワイファイ)を東京アンテナ工事鰍ェ施工しました。

葛飾フリーワイファイ(Katsushika Free Wi-Fi)は葛飾区役所初の公衆無線LANです。
関連ページ:公衆無線LAN:東京アンテナ工事株式会社


賃貸住宅人気ナンバーワン設備
空室対策として注目されている「無料ワイファイ賃貸住宅」もご提案させていただいております。 テレビ電波障害調査と合わせてご相談ください。よろしくお願い申し上げます。

関連ページ:無料ワイファイ賃貸住宅:東京アンテナ工事株式会社